スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

販売員派遣って違法なの?ヤマダ電機に公取委

みなさん、ヤマダ電機を利用されたりします?わたしはたまに・・・

今回のネタはもう既に古くなってしまいましたが、
Itmedia ヤマダ電機を公取委が立ち入り検査 販売員派遣強要の疑い
Itmediaはタイムリーな記事を出していて、
後藤重治のPC周辺機器売場の歩き方:第10回:「応援販売」が販売店を滅ぼす(前編)
併せて読むとgood。

裏事情として 切込隊長BLOG(ブログ)http://kirik.tea-nifty.com/diary/2007/05/post_4849.html
がとても参考になります。

PCショップや安売りカメラ店に限らず、メーカー派遣(とおぼしき)販売員なんてどこでもいるじゃん。と思っていました。
Itmediaの記事を読むと、販売員派遣は日常に行われていることがわかります。
その目的は、
・強力な販売店に特別な便宜を図りたいが、値引きをすると他の店との関係に問題が生じる。なので間接的に人件費をサービスして、売り場を割いてもらう。
といったところ。
派遣されている人は大変でしょうが、店とメーカーにとってみれば有る意味Win-Winの商慣行とも見れます。
最近、某カメラ屋は派遣販売員の受け入れをやめると宣言しているニュースを見ました。つまり、これまで受け入れていたってことです。

なぜヤマダ電機に公取委?
同業他社やメーカーの告発としたら、自分で自分の首を絞めることになりかねません。

なのに、なぜヤマダ電機に公取委?
"強要"が問題?でも実際問題として、直接的か間接的か別にして、強要しなければ普通販売員なんて派遣しませんよね。
要請ならOKで強要ならアウト?
要請と強要にそれほど差があるとは思えません。

なのに、なぜヤマダ電機に公取委?
派遣された販売員の方の扱いがひどい、という記事を見ました。でもそれなら公取委じゃなくて、厚生労働省でしょう。

だとしたら、なぜヤマダ電機に公取委?
株価操作?新聞社のキャンペーン?献金が足りなかった・・・・?
とか考察すると、わたしが社会的に抹殺されそうなので、やめておきます。


前振りが長くなりましたが、(いつものことですが)
今回のネタはヤマダ電気ではなく公正取引委員会のほう。

公取委って、てっきりカルテルとかが専門かとおもっていたら、今回のような、

優越的地位を利用した不公正取引
も対象だったんですね。

私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律 の総則をみると

この法律において「不公正な取引方法」とは、次の各号のいずれかに該当する行為であつて、公正な競争を阻害するおそれがあるもののうち、公正取引委員会が指定するものをいう。
1.不当に他の事業者を差別的に取り扱うこと。
2.不当な対価をもつて取引すること。
3.不当に競争者の顧客を自己と取引するように誘引し、又は強制すること。
4.相手方の事業活動を不当に拘束する条件をもつて取引すること。
5.自己の取引上の地位を不当に利用して相手方と取引すること。
6.自己又は自己が株主 (略)

取引が行われる際、双方が同等であることはめったに無くて、
"自己の取引上の地位を利用して相手方と取引すること。"
がほとんどでしょう。
その場合、それが不当か、そうでないかは、公正取引委員会が指定するんだそうです。

つまり公正取引委員会は、自らルールを作って、裁くことが出来る強力な機関ということになります。

もう少し安くしなさい。と、言うだけで公取委の立ち入り検査対象になる可能性あるということです。

公取委のような行政機関は、裁くといっても、最終審とはなり得ず、裁判所へ訴えれば公取委の判断が覆される可能性はあります。
が、現実問題として、公取委が立ち入り検査した時点で、企業イメージは傷つきます。実際、ヤマダの株価は大幅に下落しています。
たとえそれが、同業他社でもごく普通に行われている商慣行であってでも。です。

現在の公取委の委員長は、小泉政権時代に就任した竹島一彦という元大蔵官僚の方で、切れ者との評判だそうです。
たしかに最近、ゼネコンや官製談合の摘発のニュースをしばしば見かけるような気がします。
(間接的に、海外の企業に利益をもたらしていると揶揄されてもいます)

協力な権力を握ったヒトは、自らの行動原理を説明すべきと思います。
なぜカメラ店でなくヤマダなのか?なぜドラッグストアでなくヤマダなのか?


ちなみに、わたしとヤマダの関係に触れると・・
田舎でPCパーツ(12cmファンとか)を手にいれようとすると、ヤマダかエイデンくらいしかないので、急ぎのときにしょうがなく。といった程度のヤマダユーザーです。(立地的にたまたまエイデンのほうが駐車場が巨大で便利)
これまでの総購入額は5000円程度。だから、まぁ・・・ね。

focuslightsは、リゾート地の値段の高いジュース自動販売機を摘発してもらいたいと思います♪

そうそう、”後藤重治のPC周辺機器売場の歩き方”、ですが、PCパーツを愛する方は必読です。
たぶんそうなんだろうなぁ。と思っていたことですが、元インサイダーの視点から論理的に記述されていてとても良です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。