スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法9条が万能だと思っている人たち

憲法9条によって、日本の平和が保たれていると勘違いしている人がいます。
でも、憲法9条がどう定められていようが、戦争はなくなりません。

益川さん「とにかく戦争は嫌いです」 憲法集会で訴え
憲法記念日を前に2日、京都市東山区の円山音楽堂で、憲法9条や平和について考える「5・2憲法集会in京都」が開かれた。昨秋にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英・京都産業大学教授が約4600人(主催者発表)を前に平和への思いを訴えた。
(中略)
最後は「僕は理論物理学者だから、理屈をつけないと収まらないけど、とにかく戦争は嫌いです」と締めくくった。(asahi.com)

これ以外にも、最近憲法9条が改正されたらこんな日本になる。といったことをやってる人たちのニュースを見ました。

「もし9条が改正されたら」―「ケンカで銃を持ち出したり、「軍が経済的弱者に入隊を勧める」…高校生ら、9条改正後の日常を寸劇で警告
約15分の寸劇は、はえばる九条の会(金城義夫会長)が毎年憲法記念日に開いている講演会で上演される。金城会長は「憲法が改正されようとしている今、子どもたちが主体的に考えていることがうれしい」と期待する。
劇は、ある日突然、9条が改正されたことを伝えるニュースから始まる。けんかで銃を持ち出したり、「軍」が経済的弱者に入隊を進めるなど、改正後の日常を極端に描く。(痛いニュース)

今の憲法9条って、そこまで万能な条文なのでしょうか?


日本国憲法
第2章 戦争の放棄
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

これを構文解析すると以下のようになります。

・日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し
文字どうり国際平和を望むことを意味しますが、法律的には意味はありません。
そもそも日本国民には、内心の自由があるため、"国際平和を望まない”考えの人が存在したとしても、行動に移さなければ罰することは無理です。

・国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
”国際紛争を解決する手段”に限定して、放棄する。と書かれています。
すなわち、国際紛争の解決に関与しなければ問題ないという条文です。

たとえば、他国からの侵略行為に対して、対抗するという名目なら、(戦争、威嚇、武力の行使)は許容されます。(自衛)
たとえば、他国の内戦に対し、他国の国民の命を守るという名目なら(戦争、威嚇、武力の行使)は許容されます。(PKOなど)
たとえば、対テロ組織の戦いという名目なら(戦争、威嚇、武力の行使)は許容されます。

9条が永久に放棄しているのは「国際紛争を解決する手段」です。
なので、国際紛争でなければ問題ありませんです。
戦争も武力の保持も威嚇も恫喝も、国権として放棄していません。
Wikipedia 国際紛争 

つづいて、第2項は
前項の目的を達するため、(陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない)。国の交戦権は、これを認めない。

第2項は「前項の目的」すなわち、「国際紛争の解決」と限定しているため、それ以外のためなら、陸海空軍その他の戦力の保持は可能です。
自衛隊の存在は憲法9条からみて、合法です。

・国の交戦権はこれを認めない。
文言とおり、交戦権を放棄することを意味します。
交戦権という言葉の定義があいまいですが、自衛権は放棄していないと解釈すべきとおもわれます。

Wikipedia 交戦権



憲法9条が制限しているのは、「国際紛争の解決」の際の手段です。
戦争や軍備、侵略のすべてを制限しているわけではありません。

これは、歪曲した解釈でなく、日本語を普通に読めば誰にでも理解できることです。
9条を万能と思っている人は、9条を読んだことが無いか、日本語が読めない人なのではないかとfocuslightsは思います。


ちなみに、
「ケンカで銃を持ち出したり」・・・銃の所持は銃刀法で制限されています。
「軍が経済的弱者に入隊を勧める」・・・職業選択の自由は憲法で既定されています。

なので、憲法9条とは何の関係もありません。
ま、バカに対して法律の話をするのは、ちょっと大人気ない気がしますが。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。