スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペースメーカーの安全性とNHKバッシング

静電気でペースメーカーを破壊して、殺人をするというドラマを作ったNHKに対し、「日本医用機器工業会ペースメーカ協議会」が抗議したそうです。

「静電気がペースメーカー破壊」NHKドラマ誤認、謝罪
問題にされたのは1月15日放映の第2回「銀の瞳」。植え込み型心臓ペースメーカーが静電気によって壊れ、装着していた人が死亡する場面が描かれた。番組を見た心臓外科医から、ペースメーカーを扱う業者らでつくる日本医用機器工業会ペースメーカ協議会側に指摘があり、協議会が録画した番組を検証した。

 その結果、(1)静電気による放電は電気量が少なく瞬間的で、植え込まれたペースメーカーに電流が流れることはない(2)ペースメーカーはチタン製ケースで覆われており、静電気が電子回路を破壊することはない、と判断した。さらに、電波を出す機器がペースメーカーに影響を与える場合はあるが、突然患者が亡くなるような事故は国内で例がないと確認した。(asahi.com)

問題となったのは、「Q.E.D.証明終了」という番組で、「マガジンGREAT」で連載されている漫画のドラマ化です。

ノンフィクション推理ドラマのトリックに対して抗議するというのは、ちょっと大人気ない感じ。
それに報道各社が、原作漫画はスルーしてドラマを狙い撃ちにしているさまを見ると、NHKバッシングとして使われている。と言った印象。

ま、それはおいておいて、私が気になったのは、日本医用機器工業会ペースメーカ協議会側の言い分のほうです。

ペースメーカー協議会は
(1)静電気による放電は電気量が少なく瞬間的で、植え込まれたペースメーカーに電流が流れることはないと主張しているそうです。
が、静電気は電流は低くとも、高電圧を有しています。
そして、半導体の種類により程度の差はあれ、いかなる半導体でも破壊する能力があります。
ESD破壊は半導体技術者からパソコンオタクまで、ICにかかわるすべての人が考慮しなければいけない問題のひとつです。

ペースメーカーは精密電子機器ということで、やれ携帯電話で誤動作するだの、万引き防止の非接触センサーで誤動作するだの、iPodで誤動作するだの、報道されています。
そんな機器が、静電気に対しては丈夫だなんてことは、とても考えられません。

静電気による故障例が報道されていないからといって、ペースメーカーが静電気に耐性があるという証明にはなりません。

日本医用機器工業会ペースメーカ協議会は、民間マスコミによるNHKバッシングに利用されているってことを認識すべきでは?と、focuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。