スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクモが営業中断・・・NECのせいだって言ってるけど、ツクモって加害者でしょ?

Itmediaにツクモが営業中断とのニュースが出ていました。

ツクモが営業中断、担保の在庫差し押さえ 「残念でならない」
民事再生を申し立てた九十九電機(ツクモ)は11月21日、営業を中断した。NECリースが担保権を実行、店内の商品在庫を差し押さえて運び出しているためで、ツクモは鈴木淳一社長名のプレスリリースで「社員にもたくさんのNECファンがおります。そのNEC様の関連企業が、精一杯再建に努めている弊社に対し、営業を一度中止せざるをえない行動を取られたことが残念でなりません」とコメントしている。(Itmedia)


九十九電機が民事再生手続きを申し立てたのが2008.10.30。
その後も店舗の営業を続けていたのですが、2008.11.21にNECの子会社が担保の在庫を差し押さえたため、営業を断念せざるを得なくなったとのことです。

ツクモのニュースリリースでは、

お知らせ 
九十九電機株式会社代表取締役 鈴木淳一
(略)
つまり、NECリース株式会社の担保権実行のため、弊社は営業を一時中断せざるを得ないことになりました。(ツクモプレスリリース)


との声明をだしています。
店舗閉鎖はNECのせいで、自分(ツクモ)は被害者かのような態度ですが、実際はそうでしょうか?

ニュースリリースを読んでみるとこうあります。
>(ツクモは)NECリース株式会社を相手方として、東京地方裁判所に対し、担保権実行手続中止命令の申立てをしておりました。
つまり、ツクモはNECリースに対して、担保権実行中止命令を申し立てていた。
そのため、NECリースは中止命令が出る前に執行するしかなかった。

ということのようです。

ニュースリリースにはこうあります。

NECリース株式会社の大株主である日本電気株式会社様とは、30数余年に及ぶ取引をさせていただき、大変多くのパソコンを販売させていただきました。また、弊社の社員にもたくさんのNECファンがおります。その日本電気株式会社様の関連企業が、民事再生法の下、取引先様、お客様、そして社員が精一杯再建に努めている弊社に対し、営業を一度中止せざるを得ない行動を取られたことが残念でなりません。



先に攻撃を仕掛けたのはツクモ。
NECリースの行動は当然です。

そもそも、民事再生手続きをしたのはツクモ。
取引先との信頼関係を自らドブに捨てたのはツクモ。
ツクモ破たんの波をかぶった電脳メイドさん 「ARis」のベンチャー「高い授業料払った」
メルコホールディングス、第2四半期の純利益を下方修正(PC watch)

九十九電機株式会社代表取締役 鈴木淳一というひとは、どんなに面の皮が厚い人なのか、一目見てみたいです。

今使っているPCもツクモのショップブランドPCです。
focuslightsはツクモには頑張って欲しいと思っていました。
民事再生手続きに入っても、応援のため買い物をしようとおもっていました。(明日アキバに行く予定です)
でも、このニュースリリースをみて、そんな気はなくなりました。

もともと、NECリースはABL(商品在庫を担保とした融資)契約で運転資金を融通して、ツクモの経営を支えていました。(2008/8/29プレスリリース)
そんなNECを悪者にしたてて、自分は被害者ヅラ。
融資を決めたNECの担当者は、今、とても後悔しているでしょう。
こんなやり方をしたら、再建を支援しようと思う企業なんて現れないのでは?とfocuslightsは思います。

ツクモ
ガンガレ?・・・って、ねぇ。いったい誰が書いたのやら。

コメント

Secret

罰が当たったのよー人の個人情報店に張り出して
疎な事やってる店などー滅してほしい♪
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。