スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Technobahn:肝臓ガンの発生率はなぜ西日本で高いのか? の元ネタさがし

汚染米によるアフラトキシンの害について、気になるニュースを見つけました。

肝臓ガンの発生率はなぜ西日本で高いのか? 汚染米の転売先との不気味な関係
この問題に関連して一部で問題視されているのが、国立がんセンターが公開している都道府県別の肝臓ガンの死亡者数の都道府県別グラフと年次推移グラフとなる(図参照)。
 見たとおり、肝臓ガンの死亡者は「三笠フーズ」の汚染米が流通していた西日本に偏る傾向があり、また、時系列的にも「三笠フーズ」の汚染米が流通し始めた10年前頃から増大傾向(特に女性の場合)にあるなど、不気味な相関関係が生じている。(Technobahn)


アフラトキシンは肝臓ガンを誘発する物質であるということは、以前触れました。
(三笠フーズのメタミドホスとアフラトキシン汚染米と焼酎の風評被害)
実際に肝臓ガンは増えているのかな?と思っていた矢先に見つけたTechnobahnの記事。
大阪から九州にかけての西日本で肝臓癌の発ガン率が明らかに高いことが一目瞭然です。

これが全部、汚染米のせいだ。三笠フーズのせいだ。とはいいません。
が、
>肝臓ガンによる死亡者数が西日本で多いのは、
>汚染米が原因ではないと完全に否定することはできない
>ところに今回の問題の不気味な闇が広がっている。(Technobahn)
のも事実です。


怖いですね。お米を食べるのを躊躇してしまいます。
でも、その前に検証すべきことがあります。
Technobahnのこの記事は、真実なのか?ということ。
ということで元ネタを探してみました。

記事中には、正確な出典はありませんでしたが、
>国立がんセンターが公開している都道府県別の肝臓ガンの死亡者数の都道府県別グラフと年次推移グラフ
との記載のから見つけたのが、以下の情報。

国立がんセンター がん対策情報センター がん情報サービス(医療関係者向け情報)
TOP>統計>集計表のダウンロード
に、

4.都道府県別死亡データ
部位別死亡数・75歳未満年齢調整死亡率(2005年)
pref_CancerSite_mortality(2005).xls (307KB)
というものがありました。

Excelのはいくつかのシートがありますが、
シート名:asr_under75
75歳未満 都道府県別、性別、部位別悪性新生物年齢調整死亡率; 
部位分類は人口動態統計死因簡単分類に従う(部位名のカッコ内はICD-10コード)

肝及び肝内胆管(C22)
に、都道府県別、肝臓ガン(肝内胆管も含む)の死亡率がありました。

Technobahnの記事にある、肝臓ガン死亡率の日本地図はこれが元ネタだと思います。
日本地図の右横に、20.48だの18.24だのの数字がありますが、これは年齢調整死亡率のようです。

ということで、信頼性の高いデータを元にかかれた記事でした。
Technobahnさん。疑ってすみませんでした。 m(_ _)m


ちなみに年齢調整死亡率とは

年齢調整死亡率は、人口規模や年齢構成が異なる圏域や市町村の死亡数を基準人口(昭和60年モデル人口)で補正し、それぞれの集団の死亡率がどのような特徴を持つのかの指標として、比較分析する際に使用されます。(島根県保環研サイト)

というものです。
Excelファイルのシート名がasr_under75となっていますが、ASRとは、
Age-adjusted Survival Rate(年齢調整生存率=年齢調整死亡率)のことです。


focuslights的には、肝臓ガンの男女の死亡率がこんなにも違うのかということにびっくりしました。

コメント

Secret

No title

日本の行政は中国と同レベル
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。