スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水産物の放射性物質汚染って、本当に風評?

日本の水産物が風評被害で輸出不振というニュースがありました。
本当に「風評」被害なのでしょうか?
続く放射性物質規制、風評 日本の水産物「輸出できない」(msn産経)
東京電力福島第1原発事故から2年4カ月が過ぎた今も日本の水産物の放射性物質による汚染を懸念し、約40の国・地域が輸入停止や検査証明書を求めるなどの輸入規制を続けている。北海道や九州など放射性物質の影響が少ない地域の水産物を規制する国もあり、漁業関係者には厳しい状況が続いている。(平沢裕子)

 ◆検査証明書を要求
 日本から海外への水産物の輸出量は平成22年度は56万5千トンあったが、原発事故後の23年度は42万4千トンと激減。24年度は前年より若干持ち直したが、それでも44万トンで、事故前の水準に戻っていない。輸出額への影響はさらに大きく、22年度の1950億円から23年度は1736億円、24年度は1698億円と減り続けている。

 日本からの輸出が回復しない理由の一つが輸入品に対する各国の放射能規制だ。

 農林水産省によると、日本全体、または福島県など一部の地域を限定して日本からの水産物(一部も含む)の輸入を停止しているのは中国やシンガポールなど約10カ国。それ以外の国・地域でも産地証明や放射性物質検査の証明書の提出を求めている。検査には時間と手間がかかり、検査費用は輸出側が負担しなければならないなど漁業者らには大きな負担となっている。


個々の海産物の議論は避けますが、事故から2年半経つ2013年7月時点でも100 Bq/kgを超える放射性物質を含む魚介類が水揚げされています。
>水産物の放射性物質調査について 7 水産物の調査結果 ②(水産庁)

大部分は100 Bq/kg以下で、そういった魚介類を扱っている業者にとっては風評被害かも知れません。

ところが、市場に出回っている魚介類には、測定結果が明記されていません
消費者は目の前にある魚介類が「安全」なのか、「検査されていないだけ」なのかを知ることはできません。

ならば、全ての魚介類を疑い、回避するしかありません。
これは、風評被害ではなく、最低限の自己防衛です。


情報公開を怠っている、水産関係者の自業自得ってやつでしょう。

ところで、あまり報道されませんが、原発事故は二年半前から、ほとんど改善されていません。

圧力容器は壊れたままですし、核燃料はメルトダウンしたまま原発建屋のなかに転がっています。
2013年7月現在でも、1~3号機それぞれに、1時間あたり5トン近くの注水が行われています。


圧力容器が壊れているのに、注水したらどうなるか・・・

結果は明白で、事故当時は、注水量のほとんどが海に流れ込んでいたそうです。

現在は建屋地下から汚染水を回収し、循環・再利用しているとのこと。
とは言え、全てを回収できるはずもなく、汚染水の流出は継続中。

事実、海側に掘られた観測用井戸からは、最近になって90万Bq/kgを超える汚染水が採取され、7/3の港湾内の海水から2300 Bq/kgが検出されたとのこと。

>【福島第1原発の現状】 井戸で汚染水相次ぐ 土の壁で海への流出阻止(47News)
>トリチウム事故後最高値 2200ベクレル いったん減少後、急上昇(TOKYO Web 2013/7/6)

このまま、東京電力に後始末を任せていて、本当に大丈夫なのでしょうか?
全ての放射性物質を、母なる海に流しこんで、終わりにするつもりなのでしょうか。


こんな状況なのに、近海物の魚を食べたり、太平洋側で泳いだりするヒトはバカなの?と本気で思うfocuslightsでした。




PK2013070602100070_size0 (1)
画像は、TOKYO Webからの引用です




2013/07/24追記
東電は汚染水の海への流出を公式に認めたそうです
【汚染水の海洋流出】 後手の対応、不信高まる  東電、データ共有不備も(47news)
 東京電力は、否定的だった放射性物質を含む汚染水の海への流出を一転して認めた。福島第1原発敷地内の海側にある井戸の水で高濃度の放射性物質が相次いで検出され、問題が表面化してから、東電が認めるまで1カ月余り。社内のデータ共有の不備も目立っており、対応が後手に回る東電に対し、地元漁業者の不信感は高まるばかりだ。
 ▽怒る漁業者
 「これまでの説明と違う」「誰が責任を取るんだ」―。東電が23日、福島県いわき市で前日に続いて行った地元漁業者らへの説明では、参加者の怒りの声が響いた。
 福島県では原発事故後、漁を自粛していたが、昨年6月、県北部で魚種と海域を絞った試験操業が始まった。県南部のいわき市沖などでも、試験操業を今年9月から始める方針を固めた。東電が海洋流出を認めたのはその矢先だった。
 いわき市漁業協同組合の 矢吹正一 (やぶき・まさかず) 組合長(76)は「試験操業の大きな壁になる。魚を取っても、お客さんに『食べて』と言えるだろうか」と厳しい表情を見せた。

言われなくても分かっていたことですが・・・
これまでしらを切っていたことが、まともな会社とは思えません。
独占企業は消滅させるしか無いとおもいます。


スポンサーサイト
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。