スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元麻布春男の名言

ITライターの元麻布春男さんが2011/6/21にお亡くなりになったそうです。
おくやみ:テクノロジージャーナリスト 元麻布春男さん (engadget)
6月21日、テクノロジージャーナリストの元麻布春男さん(橋本潤さん) が急逝されました。リンク先 facebook ページ (「元麻布春男さんを偲んで」) によると、都内で取材に向かう途中急に昏倒され、そのまま搬送先の日赤医療センターで亡くなったとのこと。

元麻布春男 氏といえば、PC Watchの「週刊PCホットライン」を始め多数の連載記事を執筆され、日本のPCやネットの黎明期から活躍された一流のジャーナリストです。Engadget の読者でも氏の記事を愛読しているかた、仕事や進路で直接・間接の影響を受けた方が多数いらっしゃると思われます。

個人的には、同業者などとはとてもいえない大先輩であり、一方的にお世話になるばかりでしたが、海外の取材先やパーティーなどでお会いした際にはいつも気さくに接していただきました。単なる読者に近い筆者をジャーナリストとして遇してくださり、情報交換をしてくださったことに深く感謝しています。もう記事が読めないこと、「詳しくはこちら」と丸投げリンクすることもできないのは寂しいかぎりです。ありがとうございました。

6/27になり、PC Watchに告知記事が掲載されています
【告知】元麻布春男氏、逝去のお知らせ (PC Watch)
弊誌にて「週刊PCホットライン」を連載中の元麻布春男氏が、6月21日午後に虚血性心不全にて急逝されました。

 元麻布氏は、PC/AT互換機の黎明期からライターとして活躍されました。技術面に強く、その記事は「アスキー」「スーパーアスキー」誌上で人気を呼びました。初期のDOS/Vユーザーにとって、氏の個人輸入の記事は非常に大きな影響を与えました。

 元麻布氏は取材活動に熱心で、1日に複数の発表会を掛け持ちされることがよくありました。今回の事故も、その日2つ目の発表会場へ移動中のできごとでした。また、海外取材にも熱心で、IDFやWinHECなどの大きなイベントには欠かさず出席されていました。

 最近は、Macintoshを愛機とし、WWDCのレポートを行なうなど、新しい分野に立ち向かう衰えない好奇心を示されていました。弊誌以外でも、IT系Webマガジン、モノ系雑誌、Xbox関連書籍の監修など、幅広いジャンルで活躍されていました。


連載が約800回だそうです。
告知じゃなくて、追悼記事くらい掲載すればいいのに・・・
PC Watch(Impress)って冷たい会社だな。と評するのは時期尚早でしょうか。

本ブログでも、元麻布春男氏の記事を何度か引用しています。
>Adaptecという会社が消滅したそうです(すこしだけ昔話) (2010-08-16)


以下、手元のネタ帳に控えてある元麻布春男氏の名言を3つ紹介します。

無くしてほしくないPCの自由な世界 (元麻布春男の週刊PCホットライン)
それでも社内の端末がすべてシンクライアントの企業と、PCも使える企業では、生まれてくるサービスや製品に違いが生じると筆者は信じたい。人間から新しい発想を引き出すには自由が不可欠だ。


LPレコードの音をUSB出力できるDDプレーヤー (元麻布春男の週刊PCホットライン)
今回の体験でアナログLPの音質を再発見した気がする。本機は4万円台の製品だが、ちゃんとしたフォノイコライザーとカートリッジを使えば音質的にも悪くない。ただ、これを常時おいておけるスペースを確保できるのかと言われると、困ってしまう。その点だけでもCDに太刀打ちできないし、MP3は言わずもがなだ。手のひらに載るiPodに1万曲以上入るということこそが市場を変えてしまったのであり、音質にこだわったSA CDやDVD Audioではなかった、というのが歴史的事実なのである。


Core i7に思う実用と夢 (元麻布春男の週刊PCホットライン)
Atomの小さなダイは、低コストを実現するための必然であり、そこに余計なものを削ぎ落とした美があるとしても、夢までは入っていない気がする


focuslightsは元麻布春男さんのご冥福を心からお祈りしております
スポンサーサイト
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。