スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Aile-softがプレイ動画投稿者を著作権侵害で提訴」について、裁判の行方を想像してみた

ニコ動にプレイ動画をアップされたことに腹を立てたゲームメーカーが、著作権を侵害されたとして、投稿者に断固たる措置を取ることを宣言しています。

で、第三者の目から、裁判の行方を想像してみた結果・・・
メーカーが勝利する(刑事・民事)のはちょっと難しいかも?という結論になりました。

「プレイ動画」に「徹底抗戦」 あるゲームメーカーの宣言に波紋 (Itmedia)
 「正規購入ユーザーのゲームを楽しむ権利を貶める、愚弄する行為には徹底交戦します」──ニコ動に投稿されたプレイ動画に対し、あるゲームメーカーが断固たる措置をとることを宣言し、さまざまな意見が出ている
 ゲームをプレイしている画面を動画サイトなどに投稿する「プレイ動画」について、無断投稿によって著作権を侵害されたとして、あるゲームメーカーが投稿者に断固たる措置を取ることを宣言し、波紋を広げている。穏便な対応を求める声もある一方、「ゲームメーカーは怒って当然」と理解を示す意見も多い。

 プレイ動画への対抗を表明したのは、成年向け美少女ゲームブランドの「Aile」。4月28日に発売されたばかりの新作のプレイ動画がニコニコ動画に投稿されているとして、Aile代表の「みやび」さんが「正規購入ユーザーのゲームを楽しむ権利を貶める、愚弄する行為には徹底交戦します」とTwitterで激怒。5月10日、断固たる対応を進めることを同ブランドのブログで公表した
Togetterのまとめ
 みやびさんのツイートとTwitter上での反応はTogetterにまとめられている。この件が話題になり、Aileの公式サイトは一時アクセスが集中して閲覧できない状態になった。現在、問題になったプレイ動画は投稿主が削除したもようだ

はじめに断っておきますが、わたしは、本件についてまったく無関係の第三者です。
Aile-Softというメーカー様は、今回のニュースで、初めて存在を知りました。
また、ニコ動へプレイ動画を投稿したことはありません。
普段ゲーム動画をみることは、あまりありません。KOTY(クソゲー紹介動画)くらいでしょうか。

現時点では、訴えが起こされておらず、裁判の行方を想像するのは困難ですが、メーカーが勝つのは難しいと考えました。
その理由ですが・・・

● 著作物の定義
エロゲーのプレイ動画が「著作物」としてみとめられるかが第一の鍵になると思います。

著作権法では、保護対象の著作物の定義として、
著作権法
著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。
としています。

当該エロゲー「relations sisterxsister」が「文芸、学術、美術又は音楽」として認定されるかは、微妙です。
そもそも、特許法では、「反社会的」ものには、知的財産権を認めていません
義理とは言え、「未成年の姉/妹との性行為」を描写とするゲームソフトが、「反社会的」と認定される可能性は大いにあると思います。


● ゲーム本体とプレイ動画の違い
ゲーム本体をP2Pネットワークに放流したのと違い、今回はプレイ動画の投稿のみ。
ゲームメーカーとしては、「プレイ動画の公開=ゲームの価値がすべて失われた」という主張は避けたいところです。

2chまとめサイトでは、ニコ動へプレイ動画の投稿は宣伝になるという主張もあるようです。

個人的には、「プレイ動画の投稿」は、攻略サイト(攻略本)の公開と同じカテゴリに属するのでは、と思います。
本人のプレイ(判断)という情報を付加して、アップする。
それは、著作権法上の「引用」、もしくは、二次著作物の範疇になります。

後者なら無罪ではありませんが、複製物の配布よりは遥かに悪質度が低いので、起訴に相当するかは微妙です。


●裁判の維持について
コンシューマーゲームに較べ、「エロゲー」は社会的に認知された存在ではありません
特に、「relations sisterxsister」は、義理とは言え、「18歳未満の学校の制服を着た姉/妹との性行為」をメインとしたエロゲーです。
快く思わない人は、世の中にたくさんいるでしょう。

私が、被告側の代理人なら、ゲームメーカー、ソフト販売業者を
・青少年条例違反として、東京都に告発
・「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」として警視庁に告発
・都内PTAとアグネスチャンに告発


して、告訴を取り下げるようにしむけると思います。
著作権法違反は、親告罪ですからね。


結論として、裁判でのゲームメーカーの「完全勝利」は、たやすくないと思います。
不起訴か、和解条件非公開での告訴取り下げといったところを予想します。

いずれにせよ、裁判をしかけるようなゲームメーカーは、ユーザーの支持を失いやすい、とfocuslightsは思います




2011/11/26追記
ずっと、裁判ってどうなったのかなぁー。と、気になっていたのですが、Aile のblogに告知がありました

Aile スタッフぶろぐ http://www.aile-soft.com/blog/?p=260
さて、半年前に起きた「プレイ動画アップ問題」ですが、投稿者が示談金を支払うということで決着しました。内容詳細は守秘義務のため、お話は出来ません。
いろいろと線引きが必要なので、ガイドラインを作成する予定です。


ということで、予想通りですね。

示談金非公開ということですが、ソフトの代金(税込み9240円)程度でしょうか?
告訴取り下げということで、刑事的には無罪。
今後に禍根を残しそうな感じです。

ぜひとも、裁判で戦って欲しかったと思うfocuslightsでした。
スポンサーサイト
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。