スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この館長。バカでしょ。(愛知県 岡崎市立中央図書館にサイバー攻撃誤認逮捕について)

少し前に図書館への不正アクセス(DoS)で逮捕された会社員のニュースがありました。
当時から、サーバーのほうがおかしいのでは?という意見がありましたが、朝日新聞社の調査によりサーバーソフトのバグが原因だったことが突き止められました。

>Librahack:岡崎市立中央図書館HP大量アクセス事件まとめ (Librahack)
>「図書館HPにアクセス3万3千回で逮捕」に疑問を呈する声が多数(やじうまWatch
> 「図書館HPにアクセス3万3千回で逮捕」の当事者によるまとめサイト (やじうまWatch
図書館HP閲覧不能、サイバー攻撃の容疑者逮捕、だが… (asahi.com)
愛知県内の男性(39)が、自作プログラムで図書館ホームページから新着図書の情報を集めたところ、サイバー攻撃を仕掛けたとして逮捕された。しかし、朝日新聞が依頼した専門家の解析によると、図書館ソフトに不具合があり、大量アクセスによる攻撃を受けたように見えていたことが分かった。同じソフトを使う全国6カ所の図書館でも同様の障害が起きていたことも判明。ソフト開発会社は全国約30の図書館で改修を始めた。
(中略)
朝日新聞は、図書館で使われている三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)社製のソフトを別の図書館関係者から入手。男性のプログラムとともに、この分野に詳しい産業技術総合研究所の高木浩光・情報セキュリティ研究センター主任研究員や、大手の情報セキュリティー会社「ラック」など3カ所に解析を依頼した。
 その結果、いずれも図書館ソフトに不具合があると答えた。男性のプログラムは違法性がなかったという。

ネットワーク処理のバグを抱えたまま全国の図書館に納品している三菱電機インフォメーションシステムズの品質管理体制を疑いますが、それよりアタマがおかしいのが、愛知県岡崎市立図書館の館長。
図書館長「了解求めないアクセスが問題」 HP閲覧不能 (asahi.com)
愛知県岡崎市立図書館にサイバー攻撃をしかけたとして図書館が被害届を出し、男性(39)が逮捕され、不起訴になった問題で、大羽良・同館長は21日、同市役所で報道陣に対し、「(男性の自作プログラムに)違法性がないことは知っていたが、図書館に了解を求めることなく、繰り返しアクセスしたことが問題だ」と説明した。
 男性は自作プログラムで図書館のホームページから蔵書の新着情報を収集。朝日新聞の取材で、図書館のソフトは蔵書データを呼び出す電算処理を継続したままにする仕組みで、アクセスの集中でホームページが閲覧できなくなり、サイバー攻撃を受けたように見える不具合があったことがわかった。
 ホームページが閲覧できなくなったことについて、大羽館長は「図書館側のソフトに不具合はなく、図書館側に責任はない」との認識を示した

本来なら、「図書館のソフトにバグがありました。勝手に告発してごめんなさい」と男性に謝罪すべきではないですか?
それを、「違法性がないことは知っていたが、図書館に了解を求めることなく、繰り返しアクセスしたことが問題だ」とはなにごとでしょうか?
いわゆる、問題点すりかえによる開き直りってやつですね。
小役人が責任逃れで、よく使う手です。


>大羽館長は「図書館側のソフトに不具合はなく、図書館側に責任はない」
も、いわゆる強弁ってやつですね。

大羽館長は詭弁のテクニックをよく勉強しているようですが、文字通り自分がオオバカであることを宣伝しているようです。

とても、図書館館長のするようなこととは思えないと思ったので調べてみたら・・・・

経歴がありました。
岡崎市立中央図書館 新館長 大羽 良氏 (りぶらサポータークラブ)
 今年4月より、図書館館長が大羽良さんへと新しく変わった。大羽さんは市役所へ入って37年、様々な部署での仕事を経験され、図書館に関わるのは今回が初めてである。
 かつて独身だった時「図書館は、一度は仕事で行ってみたい施設。変わったことをやってみたいという気持ちと、本がたくさんあるので、仕事に関しても色々勉強ができるかな」と思っていたそうだ。
 そこから30年経ち、念願かなって図書館で働くようになったが、実際にはまだ仕事の方が忙しく、ゆっくりと図書に触れて勉強する時間はなかなかとれないようである。

 「若かった頃と図書館のサービス内容が随分変わっていることに、まず驚きました。本を借りる所、というイメージだったのが、電子データやCD・DVDなど、貸す内容も豊富になっている。
 住民の要望も多種多様になってきているということを、この短い期間の中でも、色んなものを見たり聞いたりする中で感じている。図書館というのは単純に図書だけを貸し出す所ではなくなった」

 図書館で働くようになって、まだ1ヶ月弱。戸惑いも多いだろう。しかし今まであまり関わりがなかったからこそ、一から勉強すると共に、違う視点で図書館を捉え、新しい風を吹かせようと大羽さんは努力されている。 (顔写真あり)

(web魚拓)http://megalodon.jp/2010-0824-2303-44/www.libra-sc.jp/official_organ/2009072914310691.html

市役所職員を37年やった後の天下りでしたね。
やっぱり、にわか図書館館長でした。


日本図書館協会は、自らには守秘義務があると宣言しています。
図書館協会は、図書館が容疑者の情報を警察に知らせたりしたりするテレビドラマに抗議などをしているようです。
>図書館は読書の秘密を守ることについて (日本図書館協会) http://www.jla.or.jp/jiyu/yousei.html

守秘義務どころか、警察に通報して情報提供した大羽館長。
日本図書館協会は岡崎市立中央図書館の行いを知っているのだろうか?と思ったfocuslightsでした。

追記:
ちなみに、今回の一件で、一番得をしたのは図書館検索サイト「カーリル」でしょう。
DQNな館長さんの誤爆に巻き込まれたくなければ、カーリル経由で。というところでしょうか。


スポンサーサイト
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。